簡単な生化学実験: TLC によるラクトースの分析

experiments/chromatography/tlc_milk_sugar
2018/02/17 更新

  1. オリジナルの手法
  2. 手抜き法

広告

オリジナルの手法

> 牛乳をサンプルに、ラクトースなどの同定と定量を TLC で行う実験 (1)。
  • 201 ページからの Smith & Dawson の項目である。
  • 展開液は ethyl acetate : isopropanol : water : pyridine = 26 : 14 : 7 : 2。
  • 検出は aniline : diphenylamine reagent を噴霧して 100°C で加熱している。
  • Benedict's solution で lactose の定量もしている。還元糖と反応して Cu2O の沈殿を生じる。
  • Cu がタンパク質とも反応することから、このプロトコールでは最初に除タンパクを行なっている。

手抜き手法

ラボにあった試薬で、手抜き実験。検出はできているが、この条件で他の糖と Rf 値がどれぐらい違うかなどは未検討。

  • 展開溶媒は、アセトン:イソプロ:水 = 7;2;1
  • 検出は 95% ethanol 100 mL + 10 mL 硫酸。噴霧ではなく dip してホットプレートで検出。dip のあとに乾かしてから熱した方がきれいな結果。
  • Milk 1 µL で十分。
  • コントロールは、Lactose 4 g/100 mL を 1 µL アプライすれば、この条件で十分なスポットが得られる。
  • TLC プレートは、ガラスではなくアルミ。硫酸系の検出試薬は基本的に使えないことになっているが、溶けたりすることはなく、多くを望まないなら使える。


コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)



フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Amazon link: Wood 2012a (Book). Practical Biochemistry for Colleges.