アルギニンの構造、機能、代謝:

aa_carbo_lipid/aa/arg
6-21-2017 updated


  1. 概要: アルギニンとは

広告

概要: アルギニンとは

アルギニン arginine は図のような構造をもつアミノ酸である。IUPAC名は 5-グアニジノ-2-アミノペンタン酸 (S)-2-Amino-5-guanidinopentanoic acid で,略号は R または Arg。

アルギニンには以下のような性質がある。

  • メチル化修飾を受ける。染色体 の構造を通じて遺伝子発現を制御するタンパク質,ヒストン のメチル化修飾が有名。詳細はヒストンのページへ。

600 mg/kg i.v. infusion to rat で,脳の血流 CBF が約 20% 増大する (1)。

エビ,カニ類は,筋肉のホスファゲンにリン酸化アルギニンを使う (1I)。なお glycogen も筋肉に多量に存在。低酸素 hypoxia 条件でリン酸化アルギニンから ATP を作る。脊椎動物のリン酸化クレアチンに相当。アルギニンのリン酸化はアルギニンキナーゼによってなされる。これはクレアチンキナーゼと相同である。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Hervant et al. 1999a. Lactate metabolism and glucose turnover in the subterranean crustacean Niphargus virei during post-hypoxic recovery. J Exp Biol 202, 579-592.
  2. Herzog et al. 2013a. Lactate preserves neuronal metabolism and function following antecedent recurrent hypoglycemia. J Clin Invest 123, 1988-1998.