アメリカの銃問題

UBC/history/usa_contemporary/gun

このページの最終更新日: 2021/11/21

  1. 概要: アメリカの銃問題
  2. 統計

広告

概要: アメリカの銃問題

アメリカが銃社会であることはよく知られている。このページでは、アメリカの銃問題に関係する内容をまとめる。

統計

年間死亡者数

2011 年の銃による死亡者数は約 31,000 人 (1)。交通事故による死亡者が 35,000 人である。1 日あたりにするとそれぞれ約 85 人および 96 人である。

銃による死亡 85 人/日のうち、53 人は自殺らしい (1)。つまり 32 人/日が銃で殺されている or 事故死しているということになるだろう。日本では、交通事故死亡者は 4,611 人/年、銃器による死亡者は 8 人/年である。

References

  1. アメリカの銃による死者と交通事故死はどちらが多いか? Link.

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment