なぜ私は電話が嫌いなのか?

UB3/history/japan_contemporary/hate_phonecall

このページの最終更新日: 2021/01/17

このサイトでは、更新する可能性の低い雑文はブログに、高い雑文は歴史 - 現代 - 文化のカテゴリ含めることにしています。

  1. 概要: なぜ私は電話が嫌いなのか?
  2. 理由 1: 時間の融通が効かない
  3. 理由 2: 仕事の情報を伝達する手段として質が低い
  4. 電話もアリな場合

広告

概要: なぜ私は電話が嫌いなのか?

私は仕事で電話をかけるのも受けるのも嫌いである。ここは基本的に愚痴を述べるページだが、他の人の事例も見つつ、嫌いな理由をなるべく理性的にまとめてみたい。

多くの議論は、メールまたはメッセージとの比較である。英語のページでも、電話嫌いについてものもがけっこうある。日本人だけの問題ではないようである。


理由 1: 時間の融通が効かない

私は、自分の時間の使い方をできるだけ自分で決めたい。メッセージやメールならこれが可能、電話では不可能。

私にとっては、全ての時間が貴重である。職場にいるときはだいたい働いているし、プライベートな時間はプライベートを楽しんでいる。たとえ何もせずぼーっとしていても、それは時間を有意義に使っているのである。

電話は、そのような「自分の時間」を、かけてくる人の都合だけで暴力的にぶち壊してくれる。相手の時間に対するリスペクトを欠く失礼な行為 であると思う。

これが、電話を嫌いな一番の理由である。


理由 2: 仕事の情報を伝達する手段として質が低い

これについては例外もあるかもしれないが、少なくとも私の経験では質が低い。以下のような点である。

  • 記録が残らない。
  • メールアドレスなどを伝えるときに、b とか d とか聞き取りづらい。
  • 調べ物をしてから返答するということができない。
  • 回線に左右されることがある。
  • 世間話が入ることが多い。

電話もアリな場合

では、どんな状況なら電話もありか?

  • 予めアポイントメントを取り、何かを相談するとき。
  • 待ち合わせ、訪問など。
  • 家族、恋人など。
  • 緊急の用があり、職場にいることは分かっているが姿が見えないとき。

広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. Why I hate calls. Link: Last access 2019/06/17.
  2. 私が電話嫌いなのはこんな5つの理由です. Link: Last access 2019/06/17.
写真素材無料【写真AC】

新しく写真の提供を始めました。どんどん追加していきますので、無料登録後に Ultrabem の写真 をご覧下さい。詳細は こちら に。