HSP70 のアイソフォームと分子進化

protein_gene/h/hsp70_isoform
2018/01/13 更新

  1. 概要: オルガネラ特異的な HSP70
    • 小胞体型
    • ミトコンドリア型

  2. 誘導型 HSP70 と恒常発現型 HSC70

広告

概要: オルガネラ特異的な HSP70

HSP70 は一般に細胞質 cytosol および核 nucleus に局在するが、ミトコンドリア や小胞体に局在するアイソフォームもある。一般に、オルガネラ局在シグナルのために分子量が 70 Kda よりもやや大きい。発見された経緯から、別の名前で呼ばれていることもある。

小胞体型

小胞体 endoplasmic reticulum に局在するアイソフォームには、glucose-regulated protein 78 (GRP78) という名前がつけられている。この分子は HSP70-5, immunoglobulin binding protein (BiP) とも呼ばれる。


ミトコンドリア型

HSP70 にはミトコンドリアに局在するアイソフォームがあり、これは mitochondrial HSP70, mHSP70, モータリン mortalin などと呼ばれる。以下のような特徴をもつ。

  1. N 末端側にミトコンドリア移行のためのシグナル配列をもつ。

> Chinese hamster ovary (CHO) cell の mHSP70 に関する論文 (1R)。
  • 原核生物 prokaryote の HSP70 に配列が似ている。
  • In vitro mitochondria 移行実験というのが面白い。精製したミトコンドリアと混ぜると cleave される。
  • さらにトリプシンで分解されなくなる。ミトコンドリアの中に入ったために酵素がアクセスできない。
  • 細胞質 HSP70 と cross-react しない特異性の高い抗体を作り、免疫染色で局在を調べている。
  • ミトコンドリアに主に局在するが、10-20% は細胞膜などに局在。Immunogold labeling.

広告

誘導型 HSP70 と恒常発現型 HSC70


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Angelidis 1999a. Eur J Biochem, 259, 505-512.
  2. Frydman 1997a (Review). Trends Biochem Sci, 22, 87-92.
  3. Lakshmikuttyamma 2004a. Molecular cloning of bovine cardiac muscle heat-shock protein 70 kDa and its phosphorylation by cAMP-dependent protein kinase in vitro. Biochemistry, 43; 13340-13347.
  4. Mezquita 2001a. J Cell Biochem, 82, 480-490.
  5. Tatar et al. 1997a. Chaperoning extended life. Nature 390, 30.
  6. Cherkasova et al. 2000a. Diverse Caenorhabditis elegans genes that are upregulated in dauer larvae also show elevated transcript levels in long-lived, aged, or starved adults. J Mol Biol 300, 433-448.
  7. Singh et al. 1997a. Cloning and some novel characteristics of mitochondrial Hsp70 from Chinise hamster cells. Exp Cell Res 234, 205-216.