炭酸脱水素酵素:

protein_gene/c/carbonic_anhydrase
3-16-2017 updated

  1. 概要: 炭酸脱水素酵素 CA とは
  2. 生理機能
  3. 活性発現機構

広告

概要: 炭酸脱水素酵素 CA とは

炭酸脱水素酵素 CA は、以下の反応を触媒する酵素である。直接の反応生成物は炭酸 carbonic acid H2CO3であるが、これは pKa = 3.5 という比較的強い酸なので、生理的 pH 条件下ではほとんどが H+ と HCO3- (bicarbonate, 重炭酸イオン) に解離している。以下の式はこれを含めた表現である。

CO2 + H2O → H+ + HCO3-

なお、bi- は 2 を表す接頭辞、carbonate は炭酸塩なので、bicarbonate という名称は HCO3- の慣用名である。

> 最も速い酵素 の一つである (2)。

: 1 つの分子が 1 秒に 106 個の二酸化炭素を変換する。これは酵素がない場合の 107 倍の速度である。


生理機能

CA は以下のような多岐にわたる生命現象に関わっている。

  • 酸・塩基のバランス、pH 調節
  • 二酸化炭素 carbon dioxide やその他のイオンの輸送
  • 呼吸
  • 骨吸収
  • 糖新生、脂質合成

ヒトでは少なくとも 7 つのアイソフォームがあり (1)、多くの組織に分布している。阻害剤は重要な創薬ターゲットになっている。

ヘモグロビンのボーア効果

ヘモグロビン hemoglobin と酸素 oxygen の親和性が、ヘモグロビンと二酸化炭素 carbon dioxide またはプロトン H+ の結合によってアロステリックに制御される現象を ボーア効果 という。

炭酸脱水素酵素は 赤血球中に多量に存在し、血液中で二酸化炭素からのプロトンの生成を促進することでボーア効果に寄与している。


活性制御機構

1932 年に CA に関する最初の報告があり、すぐに亜鉛 zinc が含まれることがわかった (1)。亜鉛を含むタンパク質としての最初の報告である。

酵素の活性中心に存在する亜鉛は、水から H+ を引き抜いて OH- を作り出す。これが二酸化炭素の C=O 二重結合を求核攻撃し、酵素反応が進む (2)。亜鉛による H+ 引き抜きの pKa は 7 前後である。



コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Otis & Farber 2012a. Imaging vertebrate digestive function and lipid metabolism in vivo. Drug Discov Today 10, e11.
  2. Amazon link: ストライヤー生化学: 使っているのは英語の 6 版ですが、日本語の 7 版を紹介しています。参考書のページ にレビューがあります。