カルシウム感知受容体: 細胞外カルシウム濃度を感知する GPCR

protein_gene/c/ca_sensing_receptor
3-16-2017 updated

  1. 概要: カルシウム感知受容体とは

広告

概要: カルシウム感知受容体とは

カルシウム感知受容体 CaSR は G-タンパク質共役受容体 GPCR で,細胞外のカルシウム濃度のセンシングを行う (1I)。神経,骨,腎臓など多くの細胞で発現しており,アポトーシスや細胞分裂など多くの生命現象に関与している。


コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Mine & Zhang 2015a. Anti-imflammatory effects of poly-L-lysine in intersinal mucosal system mediated by calcium-sensing receprot activation. J Agric Food Chem 63, 10437-10447.