やや長めの英語でのトーク: Job talk, seminar などのやり方

other_topics/how-to/presentation_1he
8-25-2017 updated

  1. 概要
  2. 出だし
  3. 箇条書きのスライド
  4. YouTube 上の実例

広告

概要

このページでは,ややシニアの研究者が,研究紹介を交えた長めのトークをする際のポイントをまとめる。主に job talk についてであるが,invited seminar の際にも有効なアドバイスである。

Job talk の目的は,自分がどのように teacher, scholar, colleague として fit するかどうかを示す ことである (4)。様々な情報源で共通して述べられているポイントは,

  1. Institution, Department, Faculty についてよく調べておく。
  2. Audience など,talk に何を求められているのかを知っておく。
  3. よく練習する。Be confident, professional, and formal.

> Job talk の心得が Making the Right Move という本にまとまっている (1)。

: その都市の特徴 (強いスポーツチームがあるなど) を知っていると,出だしのネタとして使える。
: 鏡の前で繰り返し練習すること。
: たとえ自分がほとんどのデータを出したとしても,主語は謙虚に we とする。
: 「今は時間がないですが,質問の際に議論したいと思います」と仕込みをしておくと,沈黙を避けられる。
: I don't know は率直に言って良い。活発な討議のためのネタと心得よ。
: 帰ったらすぐに丁寧な御礼のメールを書くこと。

> The Professor Is In (2) には,以下のようなルールが載っている。。

: 「job talk は personal なものであり,以下のルールは一般的なものに過ぎない」という但し書きがある。
: これらのルールも,あまり convinsing なものではないような気がする。
: 例えば,seek, hope, try, wish, believe などの言葉を使わない。
: "is worthy of study", "deserves study", "merits study" などもダメ。院生のように聞こえる。
: 基本的なトーンは,カジュアルではなくフォーマル。
: "us", "we" などの使用は最低限にする。- よくわからないが,確かに多すぎると耳障りではある。


出だし

多くの聴衆は,始めの 10 分間で聞くのを止めてしまう という衝撃的なデータがあるらしい。出だしで興味をひくことが重要。この動画は良いことを言っている。ラフに内容をまとめると,

  • Confident に introduction を与える。まっすぐ立つ。ふらふら動かない。
  • My name is Hiroshi Tanaka でトーンを下げる。上げるとナーバスに聞こえる。
  • hookを与えよ! hook: 話の聴かせどころ,曲のサビという意味も。
  • agendaのスライド。読みあげない。そのかわり,聴衆に読む時間を与える。


このほか,自分が英語のプレゼンで気をつけていることは

  • æ の音はしっかり潰して発音する。
  • 口を開けるべきところでは,大きく開けて発音する。アメリカドラマの登場人物の口の動きを思い出してみよう。
  • 上ずった声ではなく,地声で話す。
  • アクセントは「強い」のではなく「長い」! (5)

箇条書きの目次スライド

箇条書きの目次スライドを作り,聴衆にいま自分が全体のどこにいるのかを理解してもらう。


YouTube 上の英語プレゼン実例

分野 メモ 文献
Computer

Dr. Hao Li. Faculty Candidate Seminars, Department of Computer Science, Columbia University, New York, 03/2012.

  • 背景から入っている。スライドの方を全く見ずに話し,振り向いた時にちょうど良いスライドが出ていて,それを指差している。タイミングなど,かなり練習していると思われる。

広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Making the Right Moves: Pdf file.
  2. Dr. Karen's (Partial) Rules of the Job Talk. Link.
  3. Faculty interview 2012: Geometric Capture of Human Performances - Hao Li. Link.
  4. The academic job talk. Pdf file.
  5. English boot camp. アクセントは強弱ではない. Link.