大学の講義: Teaching load について

other_topics/how-to/lecture_teaching_load
10-28-2017 updated

  1. 用語の整理
  2. Teaching load の計算方法

広告

用語の整理

大学によって細かい違いはあるだろうが、原則として、teaching load は次のように定められている。

  1. 一年は、いくつかの学期 semester に分かれている。大抵は spring と fall。
  2. 学期あたり、一定の credit hours を教えることを求められる。
  3. Credit hours は、学生と教員が一緒に過ごす時間 contact hours をもとに定められる。

Contact hours

学生と教員が一緒に過ごす時間のこと。

Credit hours, credits

日本語で言う「単位」。たとえば、contact hours 3 h/week の講義 (1 時間 x 3 回、90 分 x 2 回など) を 15 週間続けると 3 credits になる。

バイオ系の場合、contact hours が同じでも、講義の方がラボよりも credit hours が多いのが普通らしい。3 時間/week のラボでも 2 credit にしかならないなど (1)。

教員にとっては lab を教えるのは効率が悪いということになる。


広告

Teaching load の計算方法

Ref 1 のサイトでは、1 学期あたり 15 credits を求められるなどと書かれている。とりあえず、調べたことを箇条書きに。いずれもケースバイケースで、大学ごとの判断によるところが大きい。

  • 学生数が多い講義は、多めに load として計算したり、teaching assistant (TA) がついたりする。
  • 大学院生向けの講義は、多めにカウントされる。
  • 3/3 (three three) はよく使われる言葉。学期あたり 3 credits の講義を 3 つということで、一般には 9 contact hours/week ぐらいになる。

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. How is your teaching load calculated? Link: Last access 10/29/2017.
  2. Guidelines for establishing the lecture/lab ratio for a course. Link: Last access 10/29/2017.