出産前診断およびスクリーニング: Prenatal screening

other_topics/gonad/prenatal_human
12-12-2016 updated

  1. 概要: 出産前診断とは

広告

概要: 出産前診断とは

出産前に子供の状態を診断することを出産前診断といい、その結果から健康的に問題のない子供を選別する過程を出産前スクリーニング prenatala screening という。

ダウン症 Down syndrome など、子供が遺伝病にかかっていることがわかったときに、中絶 abortion をするかどうかという議論を伴うので、CRISPR/Cas9 によるゲノム編集 などと同様に倫理的な問題を抱えた技術・概念である。

通常、この検査は母体の血液 blood の検査から始まる (1)。梅毒 syphilis, HIV 感染 の有無のほか、Rhesus D status (RhD 血液型) が検査される。これは、RhD- の母が RhD+ の子供を生むと、健康被害が生じるためである。

次に、ダウン症のスクリーニングが行われる。ダウン症は、多くの場合染色体のトリソミーを原因とする。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. De Jong et al. 2014a. Prenatal screening: current practice, new developments, ethical challenges. Bioethics 29, 1-8.