淡蒼球 Globus pallidus

other_topics/brain/globus_pallidus
9-10-2017 updated

  1. 概要: 淡蒼球とは

広告

概要: 血液脳関門とは

概要: 淡蒼球とは

淡蒼球 globus pallidus は以下の部位に存在する大脳基底核 basal ganglia の一部である (図, ref 2)。

Globus pallidus

統合失調症と淡蒼球の大きさ

統合失調症 schizophrenia では全般に大脳皮質 cerebral cortex や 海馬 hippocampus が萎縮し,大脳基底核が肥大する。globus pallidus も例外ではなく,肥大する傾向を示す。

> MRI で淡蒼球 27.4%, putamen 15.9%, caudate 9.5% の体積増加を検出 (1R)。
  • N=15, male, right-handed, neuroleptic-medicated patients with age-matched control.
  • Basal ganglia 全体では,14.2% の増加がみられた。
  • とくに caudate の体積増加が,finger tapping, Hebb's Recurring Digits などの運動能力低下と相関。

広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Hokama et al. 1995a. Caudate, putamen, and globus pallidus volume in schizophrenia: a quantitative MRI study. Phychiatry Res, 61, 209-229.
  2. By Images are generated by Life Science Databases(LSDB). - from Anatomography, website maintained by Life Science Databases(LSDB).You can get and edit this image through URL below. 次のアドレスからこのファイルで使用している画像を取得・編集できますURL., CC BY-SA 2.1 jp, Link

参考図書