尾状核 Caudate nucleus

other_topics/brain/caudate_nucleus
9-10-2017 updated

  1. 概要: 尾状核とは
  2. 統合失調症と尾状核の大きさ

広告

概要: 尾状核とは

尾状核 caudate nucleus とは、脳 brain の基底部にある大脳基底核 basal ganglia の一部であり、視床 thalamus を取り囲む細長い形の神経核 nucleus である(1)。


統合失調症と尾状核の大きさ

統合失調症 schizophrenia では全般に大脳皮質 cerebral cortex や 海馬 hippocampus が萎縮し、大脳基底核が肥大する。Caudate nucleus も例外ではなく、肥大する傾向を示す。

MRI で globus pallidus 27.4%, putamen 15.9%, caudate 9.5% の体積増加を検出した論文(2R)。N=15, male, right-handed, neuroleptic-medicated patients with age-matched control. Basal ganglia 全体では、14.2% の増加がみられた。とくに caudate の体積増加が、finger tapping, Hebb's Recurring Digits などの運動能力低下と相関。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. 河合良訓 監修, 原島広至 文・イラスト (2005).


  1. Hokama et al. 1995a. Caudate, putamen, and globus pallidus volume in schizophrenia: a quantitative MRI study. Phychiatry Res, 61, 209-229.

参考図書