酢酸: 構造、特徴、代謝経路など

other_metabolites/organic_acids/acetate
2018/04/12 更新

  1. 概要: 酢酸とは

広告

概要: 酢酸とは

酢酸は、CH3COOH で表される馴染み深いカルボン酸である。生体内では、アセチル CoA リガーゼの作用によって補酵素 CoA と結合し、アセチル CoA として TCA 回路 に入るのが基本的な代謝経路である。

  • ヒトの脳には0.4 - 0.8 mmol/kg wet weight 程度が存在し、脳腫瘍や虚血などで増える傾向にある (3)。
  • 1H NMRでは、1.90 ppm の単一のピークとして検出される。pHが低いと低周波数側にシフトする (3)。
  • アルコールは細胞質でアセトアルデヒドに、次いでミトコンドリアで酢酸に代謝される (1I)。
  • 脳でグルコースのかわりのエネルギー源になる。酢酸を取り込む能力の高いアストロサイトで中心的に代謝される (2R)。
  • 重度の飲酒者では脳への酢酸輸送が活発で、脳の酢酸濃度、脳の酢酸量/血中酢酸濃度が高い (1R)。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Jiang et al. 2013a. Increased brain uptake and oxidation of acetate in heavy drinkers. J Clin Invest 123, 1605-1614.
  2. Waniewski et al. 1998a. Preferential utilization of acetate by astrocytes is attributable to transport. J Neurosci 18, 5225-5233.
  3. Govindaraju et al. 2000a. Proton NMR chemical shifts and coupling constants for brain metabolites. NMR Biomed 13, 129-153.