生存時間解析 について平易に書いた数少ない解説書。

統計のなかでも,生存時間解析はそれだけで 1 冊の本になるほど複雑なわりに,ANOVAや t 検定などと違い使用頻度が低いため,とっつきにくい検定である。

この本では,とくに Kalpan-Meier 生存曲線,Log-rank 検定,Cox 比例ハザードモデルを重点的に解説しているが,prospective study と retrospective study, 選択バイアス,プラセボなど,臨床統計実験で重要な概念についても詳しい説明がある。臨床でない,基礎生物学の実験ではあまり意識しない重要な点であるので押さえておきたい。