リッピンコットシリーズの細胞生物学の教科書。232 ページと短く,内容も基礎的である。大学レベルの初級向けと言える。「細胞の分子生物学」を通読しようという気にはなかなかならないが,これなら 1 学期の授業で終わらせることができる。

章末に問題集がついている。また,教科書を購入すると The Point というウェブサイトへのアクセス権が与えられて,さらに問題や解説を参照することができるようになる。