500 ページ以上にわたって詳細に書かれた in vivo NMR の教科書の決定版

スピン、カップリングなどの NMR の基本から始まり、31P, 13C, proton だけでなく 23Na, 39K NMR などまでカバーしている。Proton NMR で検出される代表的な代謝産物のスペクトルが大きく載っているのも嬉しい。

後半は MRI、パルスシークエンスなどについての説明が多い。Water/lipid suppression, spectral editing, hardware など、エンドユーザーはあまり突き詰めて考えないような点についても十分に量を割いて説明している。In vivo NMR を行っている研究室なら、辞書代わりに持っておきたい一冊である。