物語、日常生活の中に潜む「無限」を考えるため、ネズミ講や千一夜物語などが語られているが、作者のエッセイというかウンチク語りの域を出ず、あまり面白くない。科学的な考察を読みたい場合には、あまりふさわしくない本だろう。

そんな中にも数学的な解説を入れている章があって、それらの章はそこそこ面白い。1 = 0.9999999... は正しいか? 微分・積分の基本的考え方などが述べられている。