古い本ではあるが、行列とグラフィックスで約 250 ページが使われており、MATLAB の基礎を重点的に勉強したい 場合に有用な本である。

また、MATLAB プログラミングの基本となる if、for loop、関数 m ファイルなどについても、初歩的な記述がある。

基本的に自習を目的とした本のようで、「まず 1 章を、できれば実際にコンピューター上で実行しながら、ざっと目を通す」「次に、2-7 章を気の向くままトライ」「最後に 8 章で実際のデータ解析に挑戦」という流れを追えば、MATLAB の雰囲気がつかめるような構成になっている。