有名になってからずいぶん経ち、続編も何冊か出ているようだ。解説があまりに素人的で、生物学を学んでいる人には物足りないと思うが、載っている生き物はマイナーなもの揃い。

聞いたこともなかったのは、ムカデメリベ、笑顔の可愛いヒライソガニ、イシガキリュウグウウミウシ、2 m にも達するコウガイビル、寄生獣を彷彿とさせるボネリムシなどなど。

クマムシ、ハダカデバネズミなど、今では有名になった生き物を 2004 年に取り上げたという点では評価できるだろう。