イラストを多様した,わかりやすい MRI と MRS の本。基本的に見開きの左が文章,右がイラストという構成。

MRS および MRS で検出できる代謝産物について詳しく解説している本は,日本語では少なく貴重である。NAA や クレアチンといった代謝産物の機能と測定法の概要が書かれている。

もう一つの特徴は,MRI 原理の説明に回転座標系が使われていないこと。そのため,他の教科書とはちょっと異なる説明の仕方になっている。MRI の原理を理解するのは難しいので,色々な方向から眺めてみるという点でもお勧めの一冊である。私が T1, T2 relaxation を理解できたのはこの本のおかげ。