NMR の原理に関する歴史と実績のある教科書。

MRI に関する言及はない。原子核の磁気共鳴から始まり、H, C, F, P などのメジャーなものだけでなく、アルミニウム、珪素、セレンなどについてもスペクトルについて章をとって述べているほか、固体 NMR や二次元 NMR なども触れられている。

NMR の原理について勉強する際に、必読の古典と言える。