動物の行動実験: 文脈的恐怖条件付け

experiments/behavior/contexutual_fear_conditioning
5-10-2017 updated

  1. 概要: contextual fear conditioning とは
  2. 海馬との関係

広告

概要: contextual fear conditioning とは

Contextual fear conditioning とは,ラット またはマウスをチャンバーに入れ,特定の音のあとに電気ショックを与える実験である。手順の概要は以下の通り (1)。

  • 動物を再び同じチャンバーに入れると,音がなくても動物は恐怖のためフリーズするが,見た目が異なるチャンバーではフリーズ freeze しない。
  • 見た目が異なるチャンバーに入れ,音を聞かせると,やはり動物はフリーズする。
  • Freezing は生命活動に必要な呼吸以外の行動が全くみられない状態で,恐怖により惹起されると考えられている (2)。この時間を測定する。
  • 有名な結果としては,海馬の機能不全 (genetic, pharmacological, lesion) が 音によらない効果のみを impair する というものがある。

恐怖の種類

チャンバーの見た目と結びついた恐怖を contexutual fear という。これは音による cued fear (tone fear) とは異なるメカニズムで獲得されており,以下のようなことが知られている。

> 記憶 (とくに空間記憶を制御する dorsal hippocampus と関係が深い (1)。

: Dorsal CA3 よりも CA1 と関係が深い。


> Rat がチャンバー内を一定時間探索し,環境を記憶しないと条件付けは成立しない (2)。
  • ある日にこれを十分に行い (電撃なし),翌日に同じチャンバーに入れた直後に電撃を与えれば成立する。
  • このことは,空間学習は,電撃などの強いモチベーションがなくても成立することを示している。

海馬の機能との関係

この試験における ventral hippocampus の役割は複雑である。NMDA agonist で ventral Hipp を機能阻害すると,dorsal と同じように contextual fear が阻害 (2)。しかし vHipp lesion や muscimol による機能阻害は,tone fear を阻害する。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


References

  1. Fanselow & Dong 2010a (Review). Are the dorsal and ventral hippocampus functionally distinct structure? Neuron 65, 7-19.
  2. 行動薬理学のススメ. Link.

関連ページ