ピペットのメンテナンス方法

experiments/basics/pipette_maintenance
5-10-2017 updated


  1. 概要

広告

概要

> 調子が悪いときは,とりあえず O リングとシリコンを交換する (1)。

: 吸い取った水の量を電子天秤で測定して,正確性を調べる。
: 水で OK だったら,グリセロールなど粘性の高い液体でも試してみる。

> O リングの寿命は 1 年程度で,けっこう頻繁に交換が必要なようだ (1)。

: O リングを交換するだけなら,キャリブレーションの必要はない。
: キャリブレーションの道具を買うためには,講習を受ける必要がある。


広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)



このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Bio Technical フォーラム, ピペットマンのメンテナンスの仕方. Link.

関連ページ