リソソーム: 細胞内消化を担当するオルガネラ

cell/lysosome/lysosome
3-16-2017 updated


  1. 概要: リソソームとは

広告

概要: リソソームとは

リソソーム lysosome は細胞内消化を担当するオルガネラで、以下のような特徴をもつ (1)。

  • 膜に囲まれており、内部は酸性に保たれている。
  • 内部には、酸性条件下で働く acid hydrolase が含まれており、タンパク質、核酸、炭水化物および脂質を分解する。

Acid hydrolase の輸送

Acid hydrolases は、翻訳されたあと選択的にリソソームへ輸送されるように、ゴルジ体で mannose-6-phosphate を付加される (参考: タンパク質の輸送のページ)。輸送は以下のように行われる。

  1. ゴルジ体の膜には、mannose-6-phosphate receptor がある。
  2. Mannose-6-phosphate が受容体に結合すると、小胞が形成され、acid hydrolase が包み込まれる。
  3. この小胞は クラスリン clathrin というタンパク質で覆われている。
  4. この小胞は、細胞膜からやってくる小胞である エンドソーム と融合する。
  5. Proton pumping によって内部の pH が低下する。
  6. クラスリンが小胞から離れ、タンパク質が mannose-6-phosphate 受容体から解離する。受容体はゴルジ体に輸送され、リサイクルされる。
  7. Acid hydrolase がリソソーム内で活性をもつようになる。

広告

コメント欄

フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Amazon link: 水島 (訳) 2015a. イラストレイテッド細胞分子生物学 (リッピンコットシリーズ).

参考書