システイン: ジスルフィド結合を形成するアミノ酸

aa_carbo_lipid/aa/cys
3-24-2017 updated

  1. 概要: Cys とは

広告

概要: Cys とは

システイン Cys は下のような メルカプト基 mercapto group をもつアミノ酸である。以下のような特徴をもち,それらは基本的にこのメルカプト基 -SH の性質に由来する。


  • SH 基がジスルフィド結合を作って,タンパク質を架橋する。構造の安定性などに寄与する。2 つのシステインから成る構造を シスチン cystine という。
  • このジスルフィド結合は,とくに 細胞外マトリクス のタンパク質に多く含まれる (1)。
  • SH 基が酸化修飾を受ける。グルタミン酸,グリシンとともにグルタチオン glutathione の構成要素となる。

広告

コメント欄

コメントをどうぞ! (500 字まで)


このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. Amazon link. Berg et al. Biochemistry: 使っているのは 6 版ですが 7 版を紹介しています。