システインの構造、機能、代謝:
ジスルフィド結合を作るアミノ酸

aa_carbo_lipid/aa/cys
2018/02/21 更新

  1. 概要: Cys とは
  2. Cys の機能

広告

概要: Cys とは

システイン Cys は下のような メルカプト基 mercapto group をもつアミノ酸である。


  • pK1 (COOH) = 1.9
  • pK2 (NH3+) = 10.7
  • pK3 (側鎖) = 8.3

システインは以下のような特徴をもち、それらは基本的にメルカプト基 -SH の性質に由来する。

  • SH 基がジスルフィド結合を作って、タンパク質を架橋する。構造の安定性などに寄与する。2 つのシステインから成る構造を シスチン cystine という。
  • このジスルフィド結合は、とくに 細胞外マトリクス のタンパク質に多く含まれる (1)。
  • SH 基が酸化修飾を受ける。グルタミン酸グリシン とともにグルタチオン glutathione の構成要素となる。

Cys の機能

システインは、爪、皮膚、髪の毛などを構成する主要なタンパク質である β-ケラチン β-keratin の構成成分である。皮膚の弾性などに関係している。

システインは、メチオニンから生合成される。メチオニンがまずホモシステインに変換され、さらにシステインおよびホモセリンを作る。

以下のような食品がシステインを含む。onions, garlic, broccoli, whey, oats, brussels sprouts。

システインの欠乏症は、apathy, loss of pigmentation in hair, edema, lethargy, liver damage, muscle loss, fat loss and slow growth in children などが知られている (2)。


広告

コメント欄

フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Amazon link. Berg et al. Biochemistry: 使っているのは 6 版ですが 7 版を紹介しています。
  2. Worldhealth.net. Link: Last access 2018/02/20.